Zoom や Microsoft Teamを使った遠隔会議に同時通訳を取り入れることは、20205月時点で可能です。現在使える遠隔同時通訳の方法には3種類あります。私はどの方法の遠隔同時通訳も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

  1. Zoom に最近加えられた遠隔同時通訳機能を使う。
  2. Microsoft Team やZoon 上で、遠隔同時通訳専用に開発されたプラットフォームを使う。このようなプラットフォームには KUDO や InterpretX など数種類あり、RSI (remote simultaneous interpreting) プラットフォームと呼ばれています。ご利用の際は1回ごとの課金となります。
  3. RSIプラットフォームを単体で使う。KUDO は単体で使うことも、Microsft Team 上で使うこともできます。Interprefy は現在既存の遠隔会議システム上で使うことはできないようです。Interprefyの特徴としては、必ず1回の会議につきモデレーターと呼ばれるスタッフが1人遠隔で付き、技術的な面やユーザーと通訳者間のコミュニケーションの調整を担当することです。KUDO ですとこのようなモデレーターは付きません。

なお、お使いの有料 Zoomは、Business, Enterprise あるいは Education 版である必要があります。最も安いタイプの Zoom Pro の場合は別途 Webinar 機能を付け加えてください。Microsft Team は、御社で有料の Office を導入なさっている場合は既にパッケージに含まれておりますので、新たに付け加える必要はありません。

 

また、遠隔同時通訳はまだ発展途上の技術です。そのため実際のブースに通訳者に入ってもらって会議場現地で行う同時通訳と全く同じようにスムーズに進行しないこともありますし、通訳者への負担もより重くなります。その点をまずご理解の上ご利用ください。

 

現在、会議主催者側にとって最も手軽な同時通訳付会議の開催方法は Zoom だと思われますので、以下に簡単なセットアップの仕方を説明いたします。なお、通訳者にとっては Zoom 上での同時通訳は、専用の RSI プラットフォームを使った場合よりもある程度負担が重くなります。

 

1.会議の開き方自体は通常の Zoom 会議とほぼ同じです。会議のスケジュールをする際に主催者が Zoom 遠隔会議のセットアップをします。まずアカウントの設定をまず開き、必ず言語通訳」機能をオンにしてください。


その手順はこの YouTube 
ビデオで詳しく説明されています(英語です)

https://youtu.be/BzCLsa4b7RY

YouTube 映像提供:Dragoman Language Solutions

 

日本で Zoom の会議システムを提供している日商エレクトロニクスの説明もご参照ください。https://zoom-support.nissho-ele.co.jp/hc/ja

 

 

2. そして、会議もしくは Webinar のスケジュールを組む画面を開き二人の同時通訳者をアサインその後に通訳言語を選択してください。

*アサインされた通訳者は通訳者として会議に参加しますが、遠隔同時通訳専用に開発された遠隔同通(RSI)プラットフォームと違って、いろいろな機能がついているヴァーチャルコンソールが自分のスクリーン上に出るわけではありません(例:通訳者交代の合図などの機能はない)。。



3. 会議が始まったら、主催者は右下の地球儀の形をしたアイコンをクリックして通訳を可能にします。



4. すると参加者の画面に、通訳が聞けるようになったというメッセージがポップアップします。このメッセージを受け取った会議参加者は、どの音声を聞くのか、通訳なし、日本語、英語3つの選択肢から選びます。英語か日本語の通訳を聞く場合は、同時に原音声も低い音量で聞こえてきますので、原音声を聞きたくない場合は、4つ目の「オリジナルの音をミュート」も重ねてクリックすれば通訳者の声だけが聞こえるようになります。あとは通常通りに Zoom 会議を進めてください。

簡単ではありますが、会議主催者と参加者の手順は以上です。



5. 最後に、参加者と通訳者両方にとってより聞きやすい環境を整えるために、会議主催者にお守り頂きたいポイントを挙げてみました。ご協力ありがとうございます。

  •  会議の参加者はお一人一台のPCをお使いください。会社の会議室など数人が集まって会議に参加する場合でも、会議室備え付けの共有モニターではなく、お一人一台でお願いいたします
  • また、発言の際は会議室備え付けの共有のマイクではなく、各自がご自分のPCに外付けのマイクを差し込んで、マイクに口を近づけてお話しください。これによりPC起因のノイズを避けることができます。
  • 発言は一回につきお一人でお願いいたします。発言していない方はマイクをオフにしてください。これによりマイク同士の共鳴を避けることができます。
  • 通訳者がアコースティックショックの被害を受けることを避けるため、マイクの近くで大きな音をたてないでください。ソーサー付きのカップの音や缶飲料を開ける音も通訳者には大きく聞こえます。